眼精疲労 市販薬

眼精疲労 市販薬

眼精疲労に悩んで良く効く市販薬をお探しですか?

眼精疲労市販疲れ

目薬も目の疲れ程度なら十分効果がありますが、眼精疲労になると効き目が感じられなくなります。

 

私のおすすめは目薬ではなく、『リフレアイ』という眼精疲労の症状でよくある、目の奥側の痛み緩和に効果がある錠剤タイプの市販薬です。

 

市販薬はサプリメントとは違って、眼精疲労が原因の肩こりも楽になるんですよ(*´ω`*)

 

 

国から眼精疲労の症状に効果が実証できる認可を受けている医薬品だから、眼精疲労も楽になるのです。

 

眼精疲労市販薬
薬局やドラッグストアに行けば、眼精疲労の薬もたくさん売られています。

 

陳列してある薬の価格は、3,000円〜5,000円くらいが目立ち、良く売れている価格帯です。

 

でも、実際にどの薬があなたの症状にピッタリと合っているのか試してみないとわかりませんよね?

 

通常ドラッグストアで売られている薬は割引はありません。

 

しかし、リフレアイならネットで購入すると、初回限定ですが70%OFFの割引価格で買うことができます。

 

2回目以降も継続して買い続けるなら、20%OFFの価格で手に入りますので、決まった薬がなければ安く試してみるチャンスです。

 

 

眼精疲労市販薬注文


↓初回限定価格はコチラ↓

 

 

眼精疲労市販薬リフレアイの特徴

リフレアイは、目(アイ)の疲れをリフレッシュしてくれることからつけられました。

 

第3医薬品に位置づけされている医薬品ですから、サプリメントとは違い確実に症状の軽減を実感できるお薬です。

 

錠剤タイプの薬なので、毎日飲み続けることで症状が改善されます。

 

血の流れを活発にして目の奥の末端神経の血流を送ることで、症状を緩和してくれるのです。

 

 

 

目の奥が痛いなど眼精疲労が疑われる症状を放置すると、吐き気や肩こりが起こるようになったり、視力低下に繋がります。

 

眼精疲労が原因で起こる症状は他にも人それぞれあるようですので、重度になる前に少しでも早めに改善するように心掛けていただきたい。

 

 

リフレアイの主な成分

シアノコバラミン

炭水化物と脂質の代謝や神経の機能維持して、視力の調節を行う筋肉の働きを活発にするので視界がハッキリと見えるようになります。。

 

 

フルスルチアミン

豚肉や豆類に含まれているビタミンB1の欠乏が原因で全身に栄養が行き渡らなくなります。

 

それを補うことができるフルスルチアミンは、栄養を腸管からでも吸収することが可能なので、目の末端神経細胞にまで届くんです。

 

それ以外にも、体内に溜まった乳酸を分解するから、疲労回復も期待できますよ。

 

 

ピリドキシン塩酸塩

別名、ビタミンB6とも呼ばれます。

 

体内で補酵素として働き必要なタンパク質を吸収するのとで、目の筋肉や水晶体の代謝が上がります。

 

 

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

老化の原因とも言われる過酸化脂質が増えるのを抑えてくれます。

 

これは、中性脂肪やコレステロールが酸化されるのを防いでくれるから、血管内に取りつくコレステロールが少なくなって血流の流れを手助けしてくれるものです。

 

筋肉・神経の働きを円滑にする働きで、新陳代謝が上がり目を潤してくれる効果があります。

 

 

 

目薬でよくないの?

眼精疲労市販薬目薬

目薬は1日4回までと回数制限をしている目医者さんもいます。

 

人工涙液タイプの目薬なら何度さしても問題ありませんが、ドラッグストアの陳列棚に並んでいる目薬には注意が必要です。

 

使い心地を重視して作られた目薬が多く、点眼した瞬間に目の充血や疲れがすぐに緩和されますよね?

 

それは、血管収縮剤の成分が入って入るからなんですよ。

 

 

常用することで、逆に目が充血しやすくなるので、更に目薬が手放せないようになることを覚えておいてください。

 

眼精疲労で気軽に目薬を使用することで、副作用で違う症状が発症することは珍しくないんですよ。

 

それと、点眼した瞬間にスッキリと感じるクールタイプの目薬も爽快感があり人気の目薬です。

 

しかし、スッキリさせる為に使われている成分には、目に対して刺激が強いものが使われているので、実は目にはよくない目薬のひとつなんですよ。

 

 

リフレアイの副作用

お薬を飲むというと、一番気になるのは副作用ですよね?

 

リフレアイは、第3医薬品として認可が下りているお薬なので、副作用はもちろんあります。

 

しかし、厚生労働省が定めている1日の摂取量を超える量を摂取しなければ副作用はほとんど無害といえます。

 

リフレアイの主な成分は、水溶性のビタミンB郡なので水分に溶けやすく、排泄する時に尿と一緒に出て行くからそこまで心配はいりません。

 

副作用を心配するのは、容量を守らないで1日の摂取量を超えて過剰摂取した場合だけです。

 

 

過ビタミンB郡剰摂取したときの副作用

数種類のビタミンを一括りにしてビタミンB郡と呼んでいます。

 

 

ビタミンB郡の種類と副作用

 

ビタミンB1<

脚気や末梢神経、中枢神経、心臓などの疾患

 

 

ビタミンB2

口内炎、舌炎、皮膚炎等皮膚や粘膜の異常

 

 

ビタミンB6

皮膚炎、口内炎、貧血等

 

 

ビタミンB12

めまい、疲労感、筋力低下、悪性貧血

 

 

葉酸

悪性貧血

 

 

ナイアシン

ペラグラ欠乏症

 

 

パントテン酸

頭痛や疲労感、免疫低下、成長障害

 

 

ビオチン

肌荒れや舌炎、結膜炎

 

※ビタミンB群は、肉類、魚介類、野菜、未精製の穀物の食材にも含まれているものなので、決して摂取量を守れば体へ害の少ない成分です。

 

 

 

リフレアイを70%OFFでの買い方

リフレアイをネットで安く買うには、公式サイトからではないと買うことができません。

 

それとひとつの条件があって、定期購入での買うことが条件となっています。

 

定期購入と言っても、必要がないと思えば電話連絡をすればその時点で解約できます。

 

この買い方で70%OFFが適用されるので、お得な買い方となります。

 

リフレアイを飲み続けて眼精疲労が楽になると思えば、そのまま定期購入にしておけば、2回目以降は25%OFFで買い続けられます。

 

↓今すぐクリック↓

眼精疲労市販薬バナー

 

 

更新履歴
page top